傷んだ屋根とCB塀

生野区K様邸

3年ほど前に改装工事をさせていただいたお客様から
CB塀と屋根を見てほしいという事でお伺いしました。

電話をいただき「あ〜」となりました。
というのも3年前に、そろそろ危ないかもしれません
とお伝えしていた場所。
すぐに処置しないといけない訳ではなかったのですが
再度見てみると老朽化が進んでいました。

3年前の屋根の様子

手前の青い釉薬瓦が前回の工事範囲。
奥の瓦棒が今回のご依頼箇所。
雨漏れはなさそうだったので当時は工事しませんでしたが
「そろそろ…」とお話はさせていただいてました。

屋根に上がると塗装が施されておりました。
恐らく保護した方が良いと思われて塗装だけされたようです。
板金に穴が空いていなければ効果はあり数年は持ちます。
ただ応急処置的になりますので注意が必要です。

そして今回、カバー工法で立平の工事をさせていただきました。

瓦を外し野地板やルーフィングの施工後
屋根の葺き替えをいたしました。

既設のCB塀の状態

現在、CB工事中…

こちらに写真を追加いたしました[2024.2]

関連記事

  1. P店舗新築工事
  2. 吹田市Yマンション和室
  3. 新築店舗基礎
  4. 金型工芸社1Fトイレ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP